grd その他の日記3 
 
お出かけ日記などあともどり




原因不明の塗装剥げ発見 (98/12/12)

最近気が付いたのだが、右側のドアの下部に、塗装剥げがあるみたいだ。
何かの薬品でもかかったのか、黒い物がこびりついていて、それを剥がすといっしょに塗装も剥げてしまった。
このまま置いておくと、腐食しかねないと思ったので、BlueLion 広島に、ボディー同色タッチペンを買いに行くことにした。
全然調査せず買いに行ったのだが、タッチペンは取り扱っていた。(あたりまえか...)
ただ、シグマブルーの在庫が無かったので取り寄せとなった、実際の使用は次週のこのページでレポート出来るだろう。
え? だったらタッチペンを使ってから記事を書けって?
すいません、実はこの度購入した、デジカメで撮った写真を使いたかっただけ、なんです (ぉぃ

z306d35




私だけの 306 ではなくなった (98/10/3)

久しぶりに何も用事の無い休日だったので、306 でドライブをする。
しばらくして燃料計に目をやると、燃料は満タンになっている。先週乗ったときは半分も無かったはずだが....
トリップメーターも 600Km を超えている。これは多分、私が乗っていない間にうちの誰かが燃料を入れて、どこか遠出をしたのだろう。
この件について母に尋ねてみたら「コスモスを見に庄原まで行こうと思ったのだけど、ボテ車(JZX91 型 MARKII)がバッテリー上がりでエンジンがかからなかったから、あんたの車で出かけた」とのことだった。
ウチの母親も、とうとう 306 で遠出出来るようになったようである。
燃費計算の兼ね合いもあるので、今度からは給油のたびに走行距離を控えておいてもらわなければいけないな。次回の燃費は2回の平均ということにしておこう。
しかし、母からも要望があった「あんたの車はちょっと恐いから(信頼性が)、JAF の会員証を車に載せとけ」
まあ一理ある (ぉ 私も心配になることあるし...
306 が私専用でなくなったのを実感した。
それよりも、5年で 30000Km しか乗っていない MARKII をどうにかした方が良いような気がする。だいたい親父は「小さい方が楽」とか言って、ずっと CERVO MODE に乗っているし...





ナンバー変わる (98/8/13)

306 nbp


登録地変更をしたので、上の写真の通りナンバープレートも変わってしまった。
ナンバーが変わるなら、せっかくだからと希望ナンバーで登録してみた。
で、どんなナンバーにするかで結構悩んだが、結局「10−24」という、普通の人は何の語呂合せか分からないような番号になってしまった (^^;
以下のものは、今回の変更にあたって考えていた候補である。

 306 あまりにお約束過ぎたので、早々に却下になった (^^; これでは全然ひねりが足りない (ぉ

 256 2の8乗 (ぉ なんだかアスキーのパソコン関連書籍みたいなので却下された (^^;

6809 これまたマニアックな番号だ (ぉ もはや知っている人が少ないし、インパクトに欠けたので、ボツになった。

1922 鹿児島での番号と同じ物。一応アンパイとして考えておいたが、希望ナンバーで取るようなものではない (ぉ

8086 何だか凄く低性能そうな番号なので却下された (^^; もともと Intel は好きじゃないし (ぉ

  68 X68000 ユーザーとしては、コレでいきたかったのだが、一歩間違えるとヤバイ番号になるので次点となった (激ぉ

1024 2の10乗 (^^; 我々パソコンを使っている者には非常に切りの良い数字である。1K とも略せるか (^^; 何だか知らないが、いつのまにかコレに決定していた (ぉ

陸運事務所での手続きは、比較的簡単だった。
ただし、既設のナンバープレートを取り外すのにはちょっとコツがいるみたいだった。後部プレートの封印は、破壊しないと取れないことを知らなかったので、かなり苦労してしまった。
プレートの変更には、必ずプラス、マイナスドライバーは準備して行かなければいけないな...(プラスしか持ってなかったので、苦労してしまった。が、ドライバーは陸運事務所でも貸してもらえることが後で判明した)

さて、これで広島ナンバーになったわけだが、これからはアウトローな運転が出来なくなってしまうな (ぉ
今までは県外ナンバーだったので、少々のことは大目に見てもらっていたが...





ロケットを見に行ってみた (98/7/4)

7月3日午後6時30分、引っ越しのための部屋のかたずけをしていたところに、「火星探査衛星、明日内之浦から打ち上げ」とのニュースが。
例によって早朝の打ち上げ(AM 3:12)だが、どーせプーで翌日を気にすることない身なので、いい機会だと思い見に行くことにした。
が、よく機材のトラブルなどで打ち上げ延期になったりするのである。わざわざ出向いても見れないのではないだろうか、という不安もあった。

0:00 鹿児島市から出発。夜風も心地好く、快適なドライブ日和(?)である。
0:45 惰眠をむさぼっているだろううっちぃ氏、NOBUHIKO氏がいる国分市を通過。夜間のためか普段より15分早い。
2:10 内之浦町に入った。なんだかさっきから前後のメンバー(車)がずっと一緒だ。やはりロケット打ち上げを見に行くのだろうか。
2:20 内之浦宇宙空間観測所前を通過。交通規制のためか、やけにパトカーが目につく。以前来たときに良いポイントを見つけておいたのだが、今日はそこは進入禁止らしい...
2:30 一般の人が見学できるように、ロケット打ち上げを見学できる場所が設けてあったのだが、そこの駐車場は明らかに容量不足だった。で、見学者の車で大渋滞する。もとより見学場所で見るつもりはなかったので、ひたすら渋滞を抜けるまで我慢する。
2:50 ようやく渋滞を抜けて、ゆっくり見学できるポイントに到着。ロケット発射まで20分ほどあるので、ぼけーっとして待つ。
3:12 ロケット発射場辺りが明るくなったと思ったら、轟音を上げてロケットが飛び立っていった。突然だったので写真を撮るのに失敗をする (^^; 惚けててプログラムオートのまま、フラッシュ禁止だけしてシャッターを切ったので、カメラの判断は3秒開放であったらしい (^^; もちろん三脚は使っていなかった (ぉぃ

結構あっけなくロケットは視界から消えていった。なんだか落下しているように見えたが。なかなか滅多に見れるようなものではないので、いい思い出になった。
見学者が意外に多かった。まあ翌日が土曜日だから、比較的見に来やすかったのだろう。車も県外ナンバーも多かった。
しかし、県外からわざわざ来て、打ち上げ延期とかになったらどうしたのかな... (^^;

その後、仮眠をとって、明るくなってから佐多岬経由で帰路につく。このときの写真はいずれ公開する予定である。





手帳ゲット (98/6/3)

以前お会いしたH・幸太郎氏より、「PEUGEOT DIALY 手帳が手に入ったのですが、お一つどうですか?」とのメールが。
当然の如く速攻でゲットさせていただくことになった (^^;;
数日後、仕事が終わってからH・幸太郎氏の会社に貰いに伺った。もちろん 306 に乗ってである (^^;
PEUGEOT 手帳は下の写真を参照されたし。相変わらず写真が下手なので、ディテールがよくわからないが (ぉ
濃紺のカバーに金のライオンマーク。渋い (^^;
中身は普通のダイアリーっぽいが、後半のお約束の資料のページがいかにも PEUGEOT していて面白い。
普通のダイアリー(銀行で貰えるやつとか)は後半には、手紙挨拶例や、世界時差表や、地下鉄路線図などがあるのが一般的だろう。
しかし、このダイアリーは、ライオンのエンブレムの由来(一覧表)、3ケタ数字の始まり(PEUGEOT 車の車名の一覧、各生産台数)、便利ダイアル(ハイウェイガイドや JAF の電話番号)があるだけである。
さすがにさすがだ (← 初期の 306 のコピーにあった言葉 (^^;)) 気に入った。でも、もう6月なんだよなぁ...
その後、H・幸太郎さんと相互の 306 を観察 (^^; さすがに XSi と style では、色々相違点があることに気付く。
以前お会いしたときに出来なかったので、車を前にしてまた色々なお話が出来た。
ダイアリーの方は、使うかどうか分からない... 私はこの手のレアアイテムは、使わないで取っておく場合が多い。
去年ディーラーから送られて来た PEUGEOT 1998 カレンダーも、そのまま取ってあるし (^^;

H・幸太郎さんアリガトー (^^)/ 大事に保管しまーす (^^;;;



306 dily しかし渋い色合いである。
1ページ目には、406 クーペの写真が。
当然、PEUGEOT CALL の番号も書いてある (^^;



あともどり 非常口
  grd