ざっぺく どっと jp

 CITROEN C2
 PEUGEOT306
 PRODUCTS
 日記

 DF冒険もの
 滑りもの
 球入れもの
 パソコンとか

 LINK
 Mail

 その他のコンテンツは
 TOPページからどうぞ

xappec.jp→日記(xappec NEWS)
written by xappec
Last-modified: Mon, 10 Aug 2020 11:58:57 JST
Access Count : 24855
最新7日分


□ 2020年8月10日 (火)

[電脳] − Noctua −


Noctua NH-L9a-AM4
結構豪華な箱に入っていて、金属製のバッジやサーマルグリスなど付属。
CEOのサイン入り挨拶文とかあって、なんかヨーロッパ製っぽい(?)

新PCですが、どうも電源ファンから吸気してるっぽい気が(本来排気)
負荷を掛けて調べてみると、やっぱり電源側から吸気しています (゚∀゚;) (動画参照)
原因は電源ファンがCPUクーラーと背中合わせで、CPUクーラーがブン回ってるとCPUファンの吸気に負けて、電源側から吸気している為でした。
これは電源ファンに変な負荷が掛かってそうだし、そもそもリテールクーラーは掃除機のように喧しいので、ロープロファイルで静音の物に替えました。
Noctua NH-L9a-AM4。小型PCには鉄板のCPUクーラーで、PCパーツとしては大変珍しいオーストリア製です。

..........
交換後は空気の取り合いが無くなったせいか、今度はちゃんと電源ファンは排気している模様です (゚∀゚)ノ
CPUの冷却性能は変わらず。ロープロファイルとは言えリテールクーラー並みに冷やしています。
静音性能は素晴らしく、全力で回っていても気にならない程度の騒音になりました。
半力(2,000rpm以下)だと回っているのか疑ってしまうほど静か (´Д`*)
若干価格が高め(6,135円)ですが、リテールクーラーから交換するだけの価値はありました。




左、リテールクーラーのAMD Wraith Spire。右、今回のNH-L9a-AM4。
リテールが70mmでNH-L9a-AM4は37mmしか高さがありません。
この33mmの差が狭いPCでは大変助かります。


とても主張の強いファンの色です (゚∀゚)
Noctuaではお馴染みの色ですが、この色が嫌いな人の為にブラックバージョンもあります。


クーラーの高さが低くなった分、電源の陰からファンを確認できるようになりました。
リテールクーラーだと電源との隙間が1cm程しか無かったので、これで大分空気の取り合いは防げるはず。


□ 2020年7月24日 (金)

[電脳] − 初NVMe −



連休中、外出も控えててやることがないので、先送りにしていたSSD換装しました。
WD Blue SN550 500GB M.2 2280 NVMe。
例によって監視していると安い時のあるNTT-Xで、8,480円でした(Amazon最安値は8,880円)
低発熱を優先に選定しているので、DRAMキャッシュなしでハイエンド機種と比べると、若干スペックに見劣りがあります。
..........
取り付けは難なく、MBをケースに付けたままでOKでした。
既存の2.5inch SSDとSATAのケーブルと電源ケーブルが不要になったので、若干ケース内に余裕が生まれました。
肝心の発熱はかなり抑えられていると思います。
移行作業でアクセスを頻繁に行いましたが、温度は40℃〜50℃で安定しています。
NVMeのSSDは物によっては100℃近くに上がるものもあるので、この点では非常に満足しています。
速度の方はあまり期待していなかったのですが、予想外の結果で驚いています (゚∀゚)ノ
元SSDをバックアップ、新SSDに復元動作時にその片鱗を見ていたのですが、体感でもかなり速くなっています。
ベンチのうんちくは画像のコメントにて。


M2スロットはPCIeX16スロットすれすれの位置で、ヒートシンクを付けると厳しそうな感じ。


CPU温度が51℃あたりの軽作業時に、SSD温度は42℃辺りを行ったり来たりでした。
結構負荷を掛けても50℃を超えず、エアフローが厳しいこのマシンでは助かります。


ベンチの結果。左が元のIntel 710 100GB SATA2。右が今回のWB Blue SN550 500GB NVMe PCIe3×4。
シーケンシャルに関しては、なんと10倍近い速度アップになっています (゚∀゚;)
8年前のSSDとはいえ、710はエンタープライズ向けのMLCで性能は悪くないSSDでしたが、日々高性能になるSSDにとって時間の流れは残酷ですねぇ。。
つか、インターフェース速度が710のSATA2 3G/sから、NVMe PCIe3×4の32G/sの10倍以上になっているので、当然といえば当然ですか。
ちなみに新しめのIntel SSD Pro 5450s 512GB M2 SATAでは、シーケンシャルreadが560程度のスコアでした。
完全にインターフェースの速度に依存している感じで、SATAでは何を選んでも速度的には変わらない気がしますね。
SN550はDRAMキャッシュ無し、SLCキャッシュ5GBの制限があるので、大量のデータを読み書きすると遅くなりそうな気がしますが、基本OS用で倉庫はNASなので多分無問題(?)


□ 2020年7月18日 (土)

[電脳] − 凄いぞAMD APU −



新PCが組みあがりました。
このPCで普段使い+マイクラをやってますが、価格の割には高速で満足しています (゚∀゚)ノ
当初のコンセプト通り、OS抜きでそこそこ使えるPCを5万円台で、をなんとかクリアしました。
今回ストレージが含まれていませんが、256GB程度のSSDを入れてもギリ6万円切ります

CPU AMD Ryzen 5 3400G 20,686円
マザーボード GIGABYTE B450M DS3H 8,533円
メモリ CFD販売 Crucial PC4-25600(DDR4-3200) 8GBx2枚 8,055円
電源 オウルテック Seasonic FOCUSシリーズ 550W SSR-550FM 11,340円
ケース JONSBO C2S シルバー 6,990円
合計 55,604円(価格は2020/6/25時点)

ストレージとOSは手持ちのIntel SSD 100GB + Windows10 Home(買って揃えると 17,000円ぐらい)
現状で性能は十分ですが、物足りなくなったらCPU換装やグラフィックボード増設、2.5GのNIC増設等で延命予定です。

Pentium3+440BXの頃の太古の昔と比べると、自作でコストに有利な点は殆ど無くなっています。
実際、似たようなスペックのLenovoのデスクトップ機だと、OSやキーボード・マウスが付いて7万円弱で買えてしまいます。
しかし、自作の良いところは好きなパーツを自由に選べて、あれこれ考えながら組み立てられて楽しい、につきますね
今回は小型ながら拡張性を犠牲にせず、後のCPU換装やサブ機落ちでも長年使えるように、といった感じで部品選びをしています。
今のCPU等がサブ落ちした際は、こんなミニベアボーンでNUC2号機の置き換えを考えています。
https://www.asrock.com/nettop/AMD/DeskMini%20A300%20Series/index.jp.asp


Geekbench 5の結果。CPU マルチの高速順でソート。
全てのパーツは定格動作で、電源オプションはRyzen Balancedです。
一番上のGigabyte Technology Co., Ltd. B450M DS3Hが今回組んだPCです。
マルチコア性能は圧勝ですが、シングルコア性能はモバイルなCore i7 8550Uに負けています(どちらも4コア8スレッド)
シングルに強いIntel、マルチに強いAMDと言われていますが、結構分かりやすく結果に出るもんですねぇ。
NUC2号機(Intel Corporation NUC6CAYH)はベンチ結果を見ると相当遅いですが、普段使いではあまり遅さを感じません。
参考にQualcomm SnapDragon 4xxのタブレットとスマートフォンのスコアも入れてますが、数値の割には実際の動作は遅くないと感じます。
まぁ、ベンチは性能が視覚化できるってだけで、実際使ってみないと分かんないところもありますね (;´Д`)=3


Geekbench 5の結果。GPUの高速順でソート。
iGPUとしては破格のスコアで、同じRadeonのdGPU 530Mに倍以上の差をつけました。
dGPUのGeForce GT1030が12,000程度のスコアなので、GT1030相当というのは妥当かと思われます。
どおりでマイクラが恐ろしく快適になった訳だわ (*´Д`)
Intel HDグラフィックシリーズは健闘はしてますが、これを見るとオマケの域を出ていないと感じます。
本来iGPUはオマケで構わないのですが、僕みたいにiGPUにも性能を求める小型PC好きの、ひねくれ者も居るってことで



最新7日分

[2020年]
8月] [7月] [6月] [5月] [4月] [3月] [2月] [1月
[2019年]
12月] [11月] [10月] [9月] [8月] [7月] [6月] [5月] [4月] [3月] [2月] [1月
[2018年]
12月] [11月] [10月] [9月] [8月] [7月] [6月] [5月] [4月] [3月] [2月] [1月
[2017年]
12月] [11月] [10月] [9月] [8月] [7月] [6月] [5月] [4月] [3月] [2月] [1月
[2016年]
12月] [11月] [10月] [9月] [8月] [7月] [6月] [5月] [4月] [3月] [2月] [1月
[2015年]
12月] [11月] [10月] [9月] [8月] [7月] [6月] [5月] [4月] [3月] [2月] [1月
[2014年]
12月] [11月] [10月] [9月] [8月] [7月] [6月] [5月] [4月] [3月] [2月] [1月
[2013年]
12月] [11月] [10月] [9月] [8月] [7月] [6月] [5月] [4月] [3月] [2月] [1月
[2012年]
12月] [11月] [10月] [9月] [8月] [7月] [6月] [5月] [4月] [3月] [2月] [1月
[2011年]
12月] [11月] [10月] [9月] [8月] [7月] [6月] [5月] [4月] [3月] [2月] [1月
[2010年]
12月] [11月] [10月] [9月] [8月] [7月] [6月] [5月] [4月] [3月] [2月] [1月
[2009年]
12月] [11月] [10月] [9月] [8月] [7月] [6月] [5月] [4月] [3月] [2月] [1月
[2008年]
12月] [11月] [10月] [9月] [8月] [7月] [6月] [5月] [4月] [3月] [2月] [1月
[2007年]
12月] [11月] [10月] [9月] [8月] [7月] [6月] [5月] [4月] [3月] [2月] [1月
[2006年]
1月] [2月] [3月] [4月] [5月] [6月] [7月] [8月] [9月] [10月] [11月] [12月
[2005年]
12月] [11月] [10月] [9月] [8月] [7月] [6月] [5月] [4月] [3月] [2月] [1月
[2004年]
12月] [11月] [10月] [9月] [8月] [7月] [6月] [5月] [4月] [3月] [2月] [1月
[2003年]
12月] [11月] [10月] [9月] [8月] [7月] [6月] [5月] [4月] [3月] [2月] [1月
[2002年]
12月] [11月] [10月] [9月] [8月] [7月] [6月] [5月] [4月] [3月] [2月] [1月
[2001年]
12月] [11月] [10月


※リンク等の制限はありませんので、自由に張ってやって下さい (^^;


xdg  Powered by x-Diary Generator
 (xappecさんだけが使えれば(゚∀゚)イイ!!と思って作った古今東西dat互換な日記生成システム ver.0.02β)
非常口