ざっぺく どっと jp

 CITROEN C2
 PEUGEOT306
 PRODUCTS
 日記

 DF冒険もの
 滑りもの
 球入れもの
 パソコンとか

 LINK
 Mail

 その他のコンテンツは
 TOPページからどうぞ

xappec.jpパソコンとか→家庭内 LAN

日夜 UTP ケーブルと格闘中



情報コンセントらしくする (2001/4/14)

着工前着工前
だらしなくUTPケーブルが垂れ下がり、その先に決して美しいとは言えないソケットが付いている。


一昨年、家の改築を行った際、2階の自室から1階の居間までの間にUTPケーブルを通してもらった。
自分で用意した15mのUTPケーブルを業者の方に渡し、「1階と2階の間に通して下さい」とお願いしていたのだが、本当にそのまま通した状態で出来上がってしまった。
で、上の写真のようなかっこ悪い状態になったのである (^^;
しかし、先日電気店でLAN用コンセントを売っているのを発見し、早速取り替え作業を行った。

レシピ今回買ってきたブツ。すべて LANEED ELECOM製
左からJIS規格フェイスプレート LDFP1 \510
結線用工具 LDCTP  \250
100baseTX用コネクタ LDJMJ \1,280
 
既設品既設のコンセントを解体する。
UTPが出ていた樹脂製の部品は、元の金具に取り付けてある。
金具のツメで固定されているのだが、片側のツメを折り曲げるかたちで固定してある。
この曲がっているツメを「ひねって」取り外す。
トルクのかかるマイナスドライバーがあれば良い。
 
UTP加工UTPケーブルを加工する。
8本の被覆をむかなければならないので、工具があったほうが便利かも。
うちには工具が無く、白状すると、私は手先が不器用なので、大変苦労した。
1本ほど被覆と一緒に、銅線も2,3本引っこ抜いてしまう (ぉ
100Mはおろか、10Mも通るのか不安である。
 
接合コネクタとケーブルを接合する。
結線用工具(黒いやつ)は、非常に役に立った。
安いので、これは是非とも一緒に買っておきたい。
結線は、詳しい説明書が付属するので迷うことが無かった。
 
完成完成
コネクタを元の金具に取り付け、もともと使っていたフェイスプレートを取り付ける。
本当は水平機で真っ直ぐ固定した方が良いのだが、一般家庭にはそのような工具はないからフィーリングで位置合わせ。
実にすっきりした。
ちょっとぐらぐらするけど...
 
動作試験導通確認する。
ケーブルを繋いだら、「ローカルエリア接続 速度 100.0M」の表示が出て一安心。
そのあと2階のXP-GREENに向けて延々PINGを打つ。
とりあえず異常はなさそう。
 
あまり余ってしまったもの。
フェイスプレートが既存のものがそのまま使えたので未使用。
ちょん切ったUTPのコネクタは、もう少し長く切っていたらクロスケーブルを作れたかも
もっとも、圧着用の工具がうちにはないけど...
 
余談余談。2階の情報コンセント周り。
こんなんだから、2階側はそのままである (ぉ
UTPケーブルは、間違えないようにいつも違う色を買っているが、そろそろ色のネタが尽きてきた。


あともどり 非常口